top of page

ぎっくり腰の原因って?

きっかけは、重いものを持ち上げたり子供を抱っこしたり、ということがきっかけとなり、発症することが多いのですが、これはあくまでほんのきっかけに過ぎません。 「根本となっている原因は、これです!」と明確に断定できるものではありませんが、以下のようなことが原因になっていることがほとんどです。 例えば、 日常生活での悪姿勢(身体の使い方の問題) 筋肉の硬直 慢性的な疲労 睡眠不足 運動不足 などです。 これらのどの要素が、あなたのぎっくり腰の主な原因になっているか、可動域をチェックしたり、身体の様々な部位の歪みの検査、日常生活に関することをカウンセリングなどを用いて確認していきます。 ぎっくり腰に関してよくある間違い 1、2回の施術で腰の痛みがよくなったからといって、それで「治った」とご自身で判断されてしまう方が少なからずいらっしゃいます。 しかし、これは治ったのではなく、「痛みがおさまっている」だけなのです。 痛みを一時的に抑えても、ぎっくり腰の原因となっている根本原因を突き止めて、そこにアプローチして改善をしていかない限り、本当の治療とは言えません。 また、ぎっくり腰を起こしてしまうこと自体がそもそも正常な身体の状態ではありません。 「治ったから何もしなくていい」「もう大丈夫だろう」というその考え方がそもそも間違いです。 ほとんどの原因は日常生活の姿勢や動作・クセなどから起こります。 ということは、また再発する可能性があるということです。 では再発しないためにどうするか? 原因となっている筋肉を緩めるストレッチをしたり、月1回のメンテナンスにお越しください。痛くなってからでは手遅れなのです。 #大正駅整体 #大正区整体 #大正駅整骨院 #桜川整体 #大正駅腰痛 #大正駅ぎっくり腰 #大正駅坐骨神経痛 #大正駅めまい #大正駅自律神経失調症 #大正駅頭痛


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【腰痛の危険シナグル】

【腰痛の危険シナグル】 熟睡できない、寝返りが打てないほど痛くなる あなたの周りにも「痛かったけど、寝れば良くなる」という方はいませんか?実はこれが人間としての正常な回復能力なのです。人には自然治癒能力といって、自分自身でゆがみを補正する能力がありますので、本来は整体を受けなくても生活に支障がないように出来ています。 その能力こそが“寝返り”です。寝返りをすることで、ゆがみを取ることを脳からの指令

ぎっくり腰の検査・診断方法

ぎっくり腰の場合、動かせないほどの激痛で来られる方ですので、無理のない範囲でまず可動域を確認させて頂きます。 これまで当院は、腰痛専門の整体院として、腰痛やぎっくり腰でお悩みの方の身体を延べ600人以上診てきました。その中から独自に確立した腰痛専用の検査方法を取り入れております。 病院や整形外科などのレントゲンやMRIでも原因不明と言われて探し出せなかった、ぎっくり腰による腰痛やお尻や脚の痛み、し

bottom of page