top of page

寝違え(ぎっくり首)の原因とは?


「寝違え」とは病名ではなく一般的な通り名で首の筋肉や筋、筋肉の組織や筋膜の炎症のことを指します。

朝に目覚めた際、いきなり首に激痛が走り楽な顔の向きがあるだけでなく、ひどいケースだと片頭痛のような痛みや、肩、背中に引きつりのような痛みが広範囲にでる方もいます。

この痛みは、寝ているときの体勢に原因があると考えられます。

普段、寝ているときは一番楽な姿勢で(本人の寝やすい姿勢)寝ています。

ちょっと塩梅が悪いと、寝返りや手や足を曲げる、場合によっては伸ばすなど様々な動きで微調整を繰り返しながら睡眠をとっています。

ですが、新しい枕にしたり、宿泊などでいつもとは違う環境で寝ていたり、子供と一緒の狭い場所で寝ていたりと、寝る環境が変わって睡眠中に首に無理がかかるとふとした瞬間に筋膜や筋組織、筋の損傷につながります。

それが寝違いなのです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【腰痛の危険シナグル】

【腰痛の危険シナグル】 熟睡できない、寝返りが打てないほど痛くなる あなたの周りにも「痛かったけど、寝れば良くなる」という方はいませんか?実はこれが人間としての正常な回復能力なのです。人には自然治癒能力といって、自分自身でゆがみを補正する能力がありますので、本来は整体を受けなくても生活に支障がないように出来ています。 その能力こそが“寝返り”です。寝返りをすることで、ゆがみを取ることを脳からの指令

ぎっくり腰の検査・診断方法

ぎっくり腰の場合、動かせないほどの激痛で来られる方ですので、無理のない範囲でまず可動域を確認させて頂きます。 これまで当院は、腰痛専門の整体院として、腰痛やぎっくり腰でお悩みの方の身体を延べ600人以上診てきました。その中から独自に確立した腰痛専用の検査方法を取り入れております。 病院や整形外科などのレントゲンやMRIでも原因不明と言われて探し出せなかった、ぎっくり腰による腰痛やお尻や脚の痛み、し

bottom of page