top of page

寝違え(ぎっくり首)の原因とは?


「寝違え」とは病名ではなく一般的な通り名で首の筋肉や筋、筋肉の組織や筋膜の炎症のことを指します。


朝に目覚めた際、いきなり首に激痛が走り楽な顔の向きがあるだけでなく、ひどいケースだと片頭痛のような痛みや、肩、背中に引きつりのような痛みが広範囲にでる方もいます。


この痛みは、寝ているときの体勢に原因があると考えられます。


普段、寝ているときは一番楽な姿勢で(本人の寝やすい姿勢)寝ています。


ちょっと塩梅が悪いと、寝返りや手や足を曲げる、場合によっては伸ばすなど様々な動きで微調整を繰り返しながら睡眠をとっています。


ですが、新しい枕にしたり、宿泊などでいつもとは違う環境で寝ていたり、子供と一緒の狭い場所で寝ていたりと、寝る環境が変わって睡眠中に首に無理がかかるとふとした瞬間に筋膜や筋組織、筋の損傷につながります。


それが寝違いなのです。


寝違え(ぎっくり首)は、放っておいても大丈夫?

この寝違え(ぎっくり首)の痛みは、そのままにしておいてもひどくなることはなく徐々にやわらいでいきます。


軽い人だと1日〜2日で痛みが治まって行きます。ひどい人だと1週間位かかりますが、それでも痛みが徐々に治っていきます。


ただそれでも痛みがひどい場合や、治ってもまたすぐに寝違えるといったケースの方はそのままにしておかず医療機関や当院のような整体・接骨院の先生に診てもらうことをおすすめします。


寝たときの姿勢が悪く寝違えたケースが多いですが、まれに体調不良で他の病気に原因が考えられる場合があります。


内臓に疾病があり、その症状でお腹が痛い、体の調子が悪いことで寝る姿勢がいつもと違ったり、全く寝返りがうてなくて寝違えてしまった患者さんもいます。


何日も睡眠が上手くとれなかった時は、痛みを我慢せずに医療機関を受診しましょう。


#大正駅整体

#大正区整体

#大正駅整骨院

#桜川整体

#大正駅腰痛

#大正駅ぎっくり腰

#大正駅坐骨神経痛

#大正駅めまい

#大正駅自律神経失調症

#大正駅頭痛


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんなことでお困りではありませんか?

寝つきが悪く、睡眠の質が悪い 睡眠不足で日中や仕事中にカラダがだるい 薬を飲まないと頭痛やめまい、吐き気で辛い 頭痛だけでなく、肩や首まで痛くなり、だるいしやる気も出ない 病院や整体に通っても一向に改善しなくて、痛みや不安で眠れない日が続いている 仕事や外出をしたいけど、不安やだるさで滅入ってしまう もし上記で、1つでも当てはまるなら、当院にご相談ください。 当院は、自律神経の乱れを改善する「自律

頭痛・めまいを改善する具体的な方法

当院が行う頭痛・めまいを改善する具体的な方法 まずは頭をほとんど触らずに、頭痛やめまいの原因となりうる筋肉から施術をしていきます。 具体的には首や肩甲骨、大腰筋、股関節周辺の筋肉を調整していきます。 そこから骨盤〜上半身にかけて施術をおこなっていき、背骨のゆがみなどを正しい状態に戻していくことで、改善をしていきます。 症状の度合いにもよりますが、1回の施術を受けるだけでも、施術前よりも良くなるのを

ぎっくり腰の原因って?

ぎっくり腰の原因って? きっかけは、重いものを持ち上げたり子供を抱っこしたり、ということがきっかけとなり、発症することが多いのですが、これはあくまでほんのきっかけに過ぎません。 「根本となっている原因は、これです!」と明確に断定できるものではありませんが、以下のようなことが原因になっていることがほとんどです。 例えば、 日常生活での悪姿勢(身体の使い方の問題) 筋肉の硬直 慢性的な疲労 睡眠不足

Comments


bottom of page