top of page

膝の痛み(変形性膝関節症)の原因って?

一般的に変形性膝関節症が発症する原因は、加齢、筋肉の衰え、軟骨の損傷などと言われることが多いかと思います。 しかし、年齢を重ねていても痛くない方もいますし、若くて軟骨がある方でも痛みが出る方もいます。 では、一体どこが原因で膝の痛みが出ているのでしょうか? 膝の痛みは、足首や股関節の影響により発症することが非常に多く見られます。 本来動くべき関節が周辺の筋肉の硬さによって制限がかかり、正常な動きができなくなります。結果として、膝への負担が増えてしまい、膝に痛みとなって現れてきます。 【参考:日本整形外科学会サイト】 なぜ、他院で良くならない膝の痛み(変形性膝関節症)を当院で改善できるのか? 当院では、お身体全体を診て、あなたの膝の痛み(変形性膝関節症)の「本当の原因」を探していきます。 今まであなたが受けてきたような、患部に電気を当てたり、湿布を貼ったり、ヒアルロン酸の注射をしても良くならなかったのは、原因に対して適切な施術を受けていなかったからです。 もっと言ってしまえば、レントゲンやMRIなどの画像診断ではわからない部分が痛みの原因である可能性が高いからです。 本当に膝自体に痛みの原因があるのか、それとも他に原因があるのか、判断しなければいけません。 当院では、正しい原因を特定するための検査とそれに対して原因を解決するための適切な施術を提供することができるため、症状を着実に改善することが可能なのです。




#大阪市 #大正区 #大正駅 #膝の痛み #変形性膝関節症 #膝痛 #腰痛

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぎっくり腰の原因って?

きっかけは、重いものを持ち上げたり子供を抱っこしたり、ということがきっかけとなり、発症することが多いのですが、これはあくまでほんのきっかけに過ぎません。 「根本となっている原因は、これです!」と明確に断定できるものではありませんが、以下のようなことが原因になっていることがほとんどです。 例えば、 日常生活での悪姿勢(身体の使い方の問題) 筋肉の硬直 慢性的な疲労 睡眠不足 運動不足 などです。 こ

坐骨神経痛をお持ちの方、こんなことでお困りではありませんか?

坐骨神経痛をお持ちの方、こんなことでお困りではありませんか? 1つでも当てはまるなら、 当院がお役に立てます。 ①坐骨神経痛で手術を勧められたが、なるべく手術をせずに良くなる方法を探している ②坐骨神経痛と診断されて、病院でブロック注射や痛み止めの薬を繰り返しているけど、よくならないためそろそろこの状態から抜け出したい ③痛み止めの薬や湿布を処方されているが、ほとんど効果がない ④マッサージ店に行

頭痛に関するよくある質問

頭痛に関するよくある質問 頭痛薬を毎日飲むのは体に悪いですか? 頭痛薬は毎日飲むものではありません。薬物依存を引き起こす可能性もあるので注意してください。 季節の変わり目でめまいは起きやすくなりますか? 日中の気温の寒暖差があるため、自律神経が乱れやすい環境になります。よって、めまいや頭痛が起きやすくなる傾向にあります。首・手首・足首を冷やさない様にしてみてください。 頭痛やめまいで病院にかかって

Comments


bottom of page