top of page

アキレス腱ほぐし

アキレス腱ほぐしは、腰痛の改善に効果的な手法の一つとされています。アキレス腱はふくらはぎとハムストリング(大腿裏側の筋肉)を繋いでいるため、その緊張が腰に影響を及ぼすことがあります。

朝起きた時や顔を洗う動作で腰が痛む場合は、アキレス腱のほぐしを行うことで、筋肉の緊張を緩和し、腰痛の緩和が期待できるかもしれません。また、アキレス腱には膀胱経の崑崙と腎経の太溪という経絡・ツボが存在しており、これらを刺激することで腰痛の改善につながるとされています。

アキレス腱のほぐしを行う際には、以下の手順を参考にしてください。

  1. 床に正座し、片足を伸ばします。

  2. 伸ばした足のかかとを手でつかみ、足首を左右に動かします。左右に5〜10回ずつゆっくりと動かします。

  3. 足首を左右に動かすときに、特に痛みのある部分を重点的にほぐします。痛みを感じる範囲を中心に、足首の動きを繰り返します。

  4. アキレス腱の付着部分であるふくらはぎやハムストリングも、指圧やマッサージを行ってほぐします。

  5. 最後に、アキレス腱外側にある膀胱経の崑崙と内側にある腎経の太溪を刺激するため、足の外側と内側を指で押さえます。優しく刺激し、気持ちのいい程度で行います。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ぎっくり腰の原因って?

きっかけは、重いものを持ち上げたり子供を抱っこしたり、ということがきっかけとなり、発症することが多いのですが、これはあくまでほんのきっかけに過ぎません。 「根本となっている原因は、これです!」と明確に断定できるものではありませんが、以下のようなことが原因になっていることがほとんどです。 例えば、 日常生活での悪姿勢(身体の使い方の問題) 筋肉の硬直 慢性的な疲労 睡眠不足 運動不足 などです。 こ

坐骨神経痛をお持ちの方、こんなことでお困りではありませんか?

坐骨神経痛をお持ちの方、こんなことでお困りではありませんか? 1つでも当てはまるなら、 当院がお役に立てます。 ①坐骨神経痛で手術を勧められたが、なるべく手術をせずに良くなる方法を探している ②坐骨神経痛と診断されて、病院でブロック注射や痛み止めの薬を繰り返しているけど、よくならないためそろそろこの状態から抜け出したい ③痛み止めの薬や湿布を処方されているが、ほとんど効果がない ④マッサージ店に行

頭痛に関するよくある質問

頭痛に関するよくある質問 頭痛薬を毎日飲むのは体に悪いですか? 頭痛薬は毎日飲むものではありません。薬物依存を引き起こす可能性もあるので注意してください。 季節の変わり目でめまいは起きやすくなりますか? 日中の気温の寒暖差があるため、自律神経が乱れやすい環境になります。よって、めまいや頭痛が起きやすくなる傾向にあります。首・手首・足首を冷やさない様にしてみてください。 頭痛やめまいで病院にかかって

Comments


bottom of page