top of page

(目の負担)は江戸時代の約1年分

現代人の1日の情報量(目の負担)は江戸時代の約1年分。漢方では目を酷使すると血を失う(血虚)になると考えます。薬膳的な対策は人参、ほうれん草、ぶどう、クコの実、なつめ、レバー等で血を補うこと。上記は栄養学的にみてもビタミンA、アントシアニン、ゼアキサンチンを含み、目の健康に良いです。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コピー: 急な痛みや不調でどうしても当日に施術を受けたい時。

急な痛みや不調でどうしても当日に施術を受けたい時。 「朝起きたら腰が痛くなった」、「仕事を始めたら肩が痛くなった」、「お昼ごろから急に首が痛くなった」など、日常では突然体が不調を起こすことも少なくないと思います。 予約しようとした時に、ご希望のお時間が取れない場合でも、前後のご予約の状況次第でお受けできる場合もありますので、お気軽にLINEまたはお電話よりお問い合わせください。 #大阪市 #大正区

ぎっくり腰の原因って?きっかけは、

ぎっくり腰の原因って? きっかけは、重いものを持ち上げたり子供を抱っこしたり、ということがきっかけとなり、発症することが多いのですが、これはあくまでほんのきっかけに過ぎません。 「根本となっている原因は、これです!」と明確に断定できるものではありませんが、以下のようなことが原因になっていることがほとんどです。 例えば、 日常生活での悪姿勢(身体の使い方の問題) 筋肉の硬直 慢性的な疲労 睡眠不足

Comentarios


bottom of page