top of page

(目の負担)は江戸時代の約1年分

現代人の1日の情報量(目の負担)は江戸時代の約1年分。漢方では目を酷使すると血を失う(血虚)になると考えます。薬膳的な対策は人参、ほうれん草、ぶどう、クコの実、なつめ、レバー等で血を補うこと。上記は栄養学的にみてもビタミンA、アントシアニン、ゼアキサンチンを含み、目の健康に良いです。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

急な痛みや不調でどうしても当日に施術を受けたい時。

急な痛みや不調でどうしても当日に施術を受けたい時。 「朝起きたら腰が痛くなった」、「仕事を始めたら肩が痛くなった」、「お昼ごろから急に首が痛くなった」など、日常では突然体が不調を起こすことも少なくないと思います。 予約しようとした時に、ご希望のお時間が取れない場合でも、前後のご予約の状況次第でお受けできる場合もありますので、お気軽にLINEまたはお電話よりお問い合わせください。 #大阪市 #大正区

坐骨神経痛をお持ちの方、こんなことでお困りではありませんか?

坐骨神経痛をお持ちの方、こんなことでお困りではありませんか? 1つでも当てはまるなら、 当院がお役に立てます。 ①坐骨神経痛で手術を勧められたが、なるべく手術をせずに良くなる方法を探している ②坐骨神経痛と診断されて、病院でブロック注射や痛み止めの薬を繰り返しているけど、よくならないためそろそろこの状態から抜け出したい ③痛み止めの薬や湿布を処方されているが、ほとんど効果がない ④マッサージ店に行

急な痛みや不調でどうしても当日に施術を受けたい時。

急な痛みや不調でどうしても当日に施術を受けたい時。 「朝起きたら腰が痛くなった」、「仕事を始めたら肩が痛くなった」、「お昼ごろから急に首が痛くなった」など、日常では突然体が不調を起こすことも少なくないと思います。 予約しようとした時に、ご希望のお時間が取れない場合でも、前後のご予約の状況次第でお受けできる場合もありますので、お気軽にLINEまたはお電話よりお問い合わせください。 #大阪市 #大正区

Comments


bottom of page